メディア教育の拠点 長野市フルネットセンター 指定管理者 テレビ信州
フルネットとはフルサービスネットワークの略で、いつでも、どこでも誰でも利用できる情報サービスのことです。
ホーム フルネットセンターとは 施設のご案内 イベント・協力団体 パソコン教室
  ホーム > メディアリテラシー
メディアリテラシー
 
   
メディアリテラシーとは
 
「メディアリテラシー」とは、メディアから発信された情報を正しく読み解き、自ら情報発信する能力を身につける事。
学校教育から生涯学習まで幅広く対応します。
 
写真1 写真2
 
 
信州大学全学教育機構でのメディアリテラシー講座(寄付講座)
 
2011年度〜2013年度の3年間、テレビ信州は信州大学全学教育機構(教養課程) で寄付講座として、
「メディアリテラシー」を担当しています。

4月〜7月の前期、原則毎週月曜日に90分授業を行いました。
受講した学生は様々な学部の1年生25名で、テレビメディアの特性、送り手と受け手のメディアリテラシーなど、
幅広い視点から理論と実際を学びました。

講座の後半はワークショップ。テレビ信州が過去に取材した報道番組の映像素材を使って、 2分程度のニュースを制作しました。
4〜5人ずつの班に分かれて、パソコンで映像を編集、ナレーションやBGM、テロップを付けてニュースを完成させました。

このワークショップの特長は、与えられた同じ映像や情報をもとにニュースを構成しても、 記者(情報の送り手)の感性、意図、視点などが違えば、まったく違った内容を訴求するニュースに仕上がるということを体験的に学ぶことができます。
その制作過程と作品の上映会を通じて議論を交わし、メディアに対する理解を深めてもらおうという趣旨でテレビ信州が開発した教材の1つです。

講座の理論面はテレビ信州の2人の役員が担当し、ワークショップは現役のニュースキャスター、ディレクターらが担当しました。
また中継車をキャンパスに乗り入れ、中継の仕組みを学んだほか、最終回(7月18日)には、長野市のテレビ信州本社を会場に、ニュース作品の上映会と討論会、さらには情報ワイド番組「ゆうがたGet」に飛び入り出演しました。
また本物のスタジオカメラを操作したり、フロアディレクターやカメラアシスタントの仕事をするなど、おそらく人生初めての体験で、みなさん驚きと発見の1日となったことと思います。

1班から6班の作品は「愛TVながの」でご覧ください。

動画を見る

以下、ワークショップでニュース制作に取り組む姿と、「ゆうがたGet」でテレビ局の仕事を体験する様子を写真でご紹介します。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
メルエキスポ2008(MELL EXPO2008)でフルネットセンターを紹介
 
<日 時>  2008年4月26日(土)〜27日(日)

<場 所>  東京大学情報学環 福武ホール

<概 要>  東京大学大学院情報学環を中心に、研究者・マスコミ・市民メディア教育関係者などで構成するメルプラッツ(MELL PLATZ)が主催する、メディアリテラシーのシンポジウム。参加者はイギリス、タイ、台湾の研究者を含めおよそ300人。

<活動内容> 長野市フルネットセンターの施設の概要をパネル展示と、動画で来場者に紹介したほか、最終日の総括ミーティングでは、テレビ信州がフルネットセンターの指定管理者に応募した経緯と、施設の特性を活かした活動計画について説明しました。

 
東京大学赤門
メルエキスポの会場となった福武ホール
全国はじめ海外からも参加者があったメディアリテラシーのシンポジウム
テレビ信州の展示の前で写真を撮る参加者
狭いスペースのためフルネットセンター紹介の動画はパソコンで視聴
会場ではメディアリテラシーに取り組むテレビ局や大学などが活動内容を展示
 
テレビ局が公共施設の指定管理者になるという、恐らく全国初のケースに参加者の関心は高く、様々な人から問い合わせが相次ぐ。
 
 
武蔵工業大学第二高校(現東京都市大学塩尻高等学校)での出前授業
 
10月8日(水)情報マルチメディア科への出前授業が今年も行われました。
来年4月からは「東京都市大学塩尻高校」に校名が変更になり、情報マルチメディア科も
専攻コースになるということで、これが同校への最後の授業となりました。

担当したのはニュースキャスターの伊東秀一アナウンサーと報道記者、カメラマン。
インタビューの仕方や取材のイロハ、撮影の基本など3時間連続授業を担当させていただきました。

ノリのいい若者が多く、とくに伊東アナの講義は笑いがたえませんでした。また初登場となった報道カメラマンも、イキイキした表情で教壇に立っていました。

生徒は今後オリジナルの番組作りに挑戦することになっています。

先生のお話によると、来年度は「専攻コース」になり、生徒が今より少なくなるため、
フルネットセンターまで足を運びやすくなるとのこと。ここの施設を使って、是非本格的な映像制作に取り組んでいただきたいと思います。

 
名調子の伊東キャスター
インタビュー実技指導
ちょっぴり恥ずかしいな〜 インタビューのお手本は・・・
現場体験を話す大和記者(中南信報道部) 撮影の基本についての講義
 
生徒の作品を紹介します
 
プロカメラマンによる撮影指導  
 
 
信州大学人文学部芸術コミュニケーション講座の授業
 
10月13日(月)信州大学人文学部芸術コミュニケーション講座(船津和幸教授)の
第2回授業がフルネットセンターとテレビ信州を会場に行われました。

この講座は10月6日に開講し、12月15日まで原則毎週月曜日に松本市のキャンパスで開かれています。そのうち、第2回と第7回(11/24)の2回をフルネットセンターに足を運び、施設を利用してテレビ番組の制作体験をしようというものです。

今回訪れたのは学生8名と教官3名(うち2名は非常勤講師をつとめるテレビ信州スタッフ)。県内の公共施設としては唯一といわれるスタジオを使って、カメラ割りや番組収録を体験しました。またプロのカメラマンからアングルや構図、撮影方法などの実技指導を受けたほか、映像素材を使った編集体験も行われました。

今後はオリジナルの3分間ミニ番組を作り、情報の送り手と受け手の立場から、メディアの特性などについて分析し、活発な討論をすることになっています。

また、最終回の12/15には松本サリン事件の被害者河野義行氏の特別授業も予定されています。

 
スタジオ収録風景
真剣な表情でカメラマンに挑戦
ディレクターから鋭い指示が飛ぶ はい3カメ
プロカメラマンがアシスタントをつとめ撮影講座
   
学生の代表2人が2009年1月19日放送
「報道ゲンバ」に生出演
 
   
     
     
     
講演会スケジュール
   
 
▲ページの先頭へもどる
フルネットセンター 指定管理者 テレビ信州
〒380-0928 長野市若里6丁目6番2号(→地図はコチラ
電話番号:026-225-7777 / FAX:026-264-7205
お問い合せ